スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

サンと富士通、共同開発の「SPARC Enterprise Server」を発表へ

CNET の記事によると、Sun Microsystems と富士通が提携し「SPARC Enterprise Server」を発表しようとしているらしい。

位置づけとしては、ハイエンドで、競合するのは IBM Power 系サーバとか、HP Itanium 系サーバといったところか。以前、楽天のこちらのエントリで言及したとおり、quitada 的には Sun の SPARC T1 の設計思想的にハイエンドはもうあきらめたのかと思っていたのですが、富士通連合という裏技を使って「SPARC Enterprise Server」によるハイエンド市場でのシェア拡大を狙うんですね。

SPARC はアーキテクチャが美しくてわかりやすいので、なくなってはほしくないと思っているのでなかなか良いニュースですね。がんばれ Sun!
quitada 2.0 * IT * 01:32 * comments(0) * trackbacks(0)

ついに“日本 Java ユーザグループ”が設立に - 地域活性化と技術者の地位向上を目指す

世界の色々な地域で作られている Java ユーザーグループ(JUG)ですが、ZDnet の記事によると、日本にもついにできたそうで。公式サイトはこちら

なんだか、いまさら感が漂うのですが、コンセプトとしては java が色々な分野で使用されるようになりコモディティ化がすすんだからこそ、技術者の交流や活性化が必要という観点で設立されたようですね。

Java に限ったことではないですが、ある技術の出始めは、新しいことをどんどん作り出していくアルファギークな方々が牽引してきますが、その技術がコモディティ化していくとそういう人たちは飽きてしまって別の技術を探求していきます。そうなると、その技術を維持していく、あるいは使うだけの技術者が増えてきますね。それはそれで重要ですが、やはり活性化という意味では面白みがなくなります。現状の java がそういう状況だとすると、日本 java ユーザーグループに何ができるのか、ちょっと期待。
quitada 2.0 * IT * 23:25 * comments(0) * trackbacks(0)

BEA Guardian - 障害を早期発見・予防するサポートツール出荷

ZDNet の記事によると、SOA 企業を標榜する日本 BEA システムズは 4 月 9 日、障害を早期発見し、予防するソフトウェアサポートツール「BEA Guardian」の出荷を開始したとのこと。

Signature Patterns という定義ファイルがあって、それに合致する設定・構成だったりすると、パラメータをこうしましょうとか、サービスパックをあげましょうとか警告してくれるので、BEA 社のドキュメントに掲載されている既知の問題が自分のシステムに該当するかどうか人力で確認する必要がないので楽チンプーな感じですね。

サポートツールということで、ソフトウェアの保守費用とあわせて保険のようなものととらえて、導入するかどうかといったところですね。

でも、WebLogic Server 上で動作するユーザーアプリケーション自体がダメダメで障害の原因となっている場合はいくらこういうツール使っても検知はとてもむずかしいはずなので、BEA Guardian も含めてこういうツールに頼り過ぎるのは危険とは思いますけどね。ぐはぁ。
quitada 2.0 * IT * 21:28 * comments(0) * trackbacks(0)

ダルマウス - ソリッドアライアンス、前後左右に傾けて操作するマウス

CNET の記事によると、珍妙な PC アイテムを開発・販売することで有名なソリッドアライアンスから、変なマウスが登場。その名もダルマウス

同社の製品は、これまで quitada 的にも、親指型 USB メモリとか、ナポリタン型 USB メモリとか、コレジャナイロボ型 USB メモリとか注目してきましたが、今度はダルマ型のマウスで、ダルマウスですよ。あいかわらず、ふざけた感じが good。

とはいえ、ただ、ふざけているだけではなく、傾きによってポインターの方向と速度が変化する「空間方向感知センサー」を搭載し、マウス本体を移動させることなくマウスポインタを動かすことのできるいままでにない製品で、テクノロジー的にも目新しい。

うーん、すばらしい。買わないとおもうけど。ぐはぁ。
quitada 2.0 * IT * 13:18 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ